中学校・高校を女子校へ通っていました。
そのときに使ってた学生服が家のクローゼットにしまってあります。
いわゆる制服なんだけど、それを売ってみようと決意しました。

そこで、どうやって売るのがベストなのか探ってみました。
まず売るということで考えるとスタンダードなのは洋服リサイクル店です。
様々な洋服を買取しているため、制服も買取しているケースもあります。

学校近くの店だと○○学校なら買取なんてケースもあります。

こういったところへ売ると以下のメリット・デメリットがあります。

メリットはとにかく手軽です。
学校近くのお店なのでその店の場所もすぐにわかりますし、
リアルな店舗での買取なので、安心感があります。

デメリットは価格です。
そもそも制服はオマケ的な扱いなので、依頼があった場合のみ買取です。
価格はとうてもじゃないけど期待できません。相当安く引取されます。
ほぼタダ同然価格になります。

 

高く売るなら制服買取店

もっと高い金額で売りたいということなら制服買取の専門店を使うことです。

「そんな店あるのか!?」

最初は半信半疑でしたが偶然知人から教えてもらったんです。
そのことも制服買取を利用したということで、確実に買取してくれるということです。

全ての制服が売れるわけではないです。
中には0円だったり買取不可となる制服もあります。

一般の宝石や家電だと「汚れ・劣化」などによって買取価格が上下しますが、
制服に関しては「ホツレ・テカリ」が買取価格に影響してきます。

数年間着用していた制服であればそれなりの劣化は当然あるでしょう。
なかには破れなどがあるかもしれません。

こういった劣化は買取価格に影響してきますがもっと大事なことがあります。

 

一番の要因は学校・デザイン

制服買取価格に影響するのは劣化もありますが、一番大事なのは「学校・デザイン」になってきます。つまり、どこの学校の制服であるのかがもっとも重要になってきます。

有名なお嬢様学校の制服だとレアになるので買取価格も高いです。
運が良ければ10万円近くで買取してくれることもあるようです。

高く売るには運も必要

制服を専門に買取してる店がいくつかあります。
数店あることは間違いありませんが、数としては決して多くありません。

普通に考えて制服を扱う店は少ないのが想像できますね。
そのため高く売るためには運も必要になってきます。

それは「学校の制服在庫」によって買取価格が変わってくるからです。
在庫が多めだと買取価格は安くなりがちです。

逆にちょうど在庫ナシの学校なら高く買取してくれたりします。

そのため運も必要ということです。

制服売るのを躊躇する

ここまで制服の買取について書いてきましたが、
いざ売るとなると躊躇しちゃう気持ちがある人も少なくないでしょう。

なんとなく普通の家電や貴金属と違い、制服を売るということに不安を覚えるはずです。
確かに制服買取店もちょっと怪し目の店があります。

売った制服のその後の使い道については何とも言えませんが、
在校生が中古品として着用するなんてことはまず有りえません。

おそらく制服マニアや愛好家のもとへ売却されることになるはずです。

売った後のことを考えると迷いが生じるはずです。
そこでひとつの解決策として信頼できる制服買取店を使って売ることです。
上述しましたが制服買取店はいくつかのお店がありますが、なかにはちょっと利用するのを躊躇うお店もあります。そのような店だと買取価格が多少高いこともあるようですが、制服買取については価格よりも安心感を優先すべきではないでしょうか。

売ったあとのことを心配するくらいなら、多少安くても信頼できる業者を使うべきです。